第2回
在宅医療・介護を実施するにあたって「看取り」について考える

第2回 「北九州在宅医療・介護塾」研修会
テーマ 在宅医療・介護を実施するにあたって「看取り」について考える
= キリスト教の立場から =
日時 : 平成26年12月2日(火曜)、19時から
会場 : 国立病院機構 小倉医療センター 地域医療研修センター 鴎ホール


<研修会参加者は59名>

歯科医師(10名)看護師(8名)保健師(1名)歯科衛生士(5名)管理栄養士(3名)介護支援専門員(9名)社会福祉士(2名)団体代表(1名)訪問介護士(1名)介護福祉士(6名)施設長(1名)施設代表(1名)施設会長(1名)施設事務職員(2名)学生(2名)一般市民(5名)団体事務職員(1名)

0201

アンケート結果▼ グループワーク▼

ー ご意見・ご感想 -
  1. ★★★ より:

    哲学的な勉強をさせて戴きました。医療の勉強なので新鮮でした。(介護支援専門員)

  2. ★★★★ より:

    西南学院大の卒業生です。金丸先生のお話、要介護者(妻)と関わる今、学生時代この感性が分かればキリスト教学の授業ももっと深く学べたのかなと思いました。グループワークは、多職種の方々も関わっている問題であることを知り、それぞれの立場の方々の真摯な姿勢を家族として嬉しく、そして宜しくお願いしますと感じました。(介護家族)

  3. ★★★★ より:

    金丸先生のお話は人間として根源の素晴らしい内容でした。ありがとうございました。(施設経営)

  4. ★★★ より:

    各職種であっても”苦しみ”に対してアプローチを行おうとする姿勢は同じだとわかった。(大学生)

  5. ★★★ より:

    死について、こんなにも考えた事はなかったし、少し受け入れる事ができた。(介護福祉士)

  6. ★★★ より:

    自分、家族の死(生きていくこと)について、しっかり考えていく必要があり、考えていくいい機会を戴きました。(歯科衛生士)

  7. ★★ より:

    宗教の話しは苦手でしたが、生と死について向き合うことが出来ました。(介護福祉士)

  8. ★★★★ より:

    歯科界は今からだと思うので、大変勉強になりました。(歯科衛生士)

  9. ★★★ より:

    同じ立場の方も多いという事が分かって(悩んで)いるものに少し答えの手助けができたような気がした。(歯科衛生士)

  10. ★★ より:

    看取りについてもう少し学んでみたいです。(介護福祉士)

コメントは停止中です。