第9回
認知症を理解し、支援するために~認知症の人と家族が安心して暮らせる街づくりとは~

第9回 「北九州在宅医療・介護塾」研修会
テーマ:認知症を理解し、支援するために
~認知症の人と家族が安心して暮らせる街づくりとは~
日時 :平成28年7月21日(金曜)、午後7時から
会場 :国立病院機構 小倉医療センター 地域医療研修センター 鴎ホール
助成 :公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団


研修テーマは、「認知症を理解し、支援するために ~認知症の人と家族が安心して暮らせる街づくりとは~」、講師は、NPO法人老いを支える北九州家族の会 理事長 高田 芳信様、認知症・草の根ネットワーク 理事 田代 久美枝様、そして市保健福祉局地域福祉部 認知症対策・介護予防センター 地域活動コーディネーター 中村 真理子様でした。

高田様からはMCIの状態から奥様を10年間介護された結果、在宅ケアには行政や市民団体等の支援が必要と感じたことについて、田代様からは、5月からスタートした北九州市認知症支援・介護予防センター カフェ・オレンジの活動状況について、中村様からは市の認知症支援策について研修を受けました。

その後、「認知症の方とその家族の暮らしで ①大切にしたいこと、②必要と思うこと、についてグループワークを行いました。このグル-プワークについては、来年2月に久留米で開催予定の「第9回日本ホスピス・在宅ケア研究会」で発表予定にしています。今回の研修会では看護学部の学生さんが5名参加しました。看護師さんとして将来医療・介護の現場に就かれた際に、今回の研修内容が役立てばと思っています。


▼第9回参加者
kekka

▼会場の様子
DSC00810

アンケート結果▼ グループワーク▼

ー ご意見・ご感想 -
  1. ★★★★ より:

    現場で働く方々の生の声を聞くことが出来、とても充実していた。(学生)

  2. ★★★★ より:

    超高齢化となっていくなか、認知症も身近なこと、また避けておられないことと思っている。(介護支援専門員)

  3. ★★★★ より:

    皆様の熱気が感じられ、頼もしい思いです。(北九州家族の会)

  4. ★★★ より:

    いろんな職種の人の話が聞けた。また、実際、認知症の家族を看た方の話しが聞けた事がよかった。(歯科医師)

  5. ★★★ より:

    多職種の方、認知症介護されたご家族のお話も聞けて、大変さや認知症への理解をされ、心温まる介護、援助をされる方が多くいらっしゃると実感し、私達が発信出来たら良いと思いました。(介護支援専門員)

  6. ★★★ より:

    グループワークで、それぞれの立場でのお話が聞けた。カフェオレンジでの活動の様子、連携ができた実例や課題が聞けてよかった。(保健師)

  7. ★★ より:

    理解が必要ということはたくさん出てきましたが、そのために何をすべきか、具体的なアイデアについて話し合えなかったので。(学生)

  8. ★★★ より:

    実体験を踏まえた話しで “現実味”があった。(介護福祉士)

  9. ★★★★ より:

    高田会長の体験をお聞きして、本当に苦しむ家族の支援が大切だと思いました。(看護師)

  10. ★★★★ より:

    認知症の理解や知識の必要性をもっと多くの人に伝えていきたい。(介護支援専門員)

  11. ★★ より:

    初めて参加したので、駐車場から会場までの案内表示がなく、分かりにくかった。(歯科医師)

  12. ★★ より:

    歯科医療関係者はこの連携を大切にして貰っていると感じるが、医療関係者にもっと参加して貰って連携できたらと思います。(北九州家族の会)

  13. ★★ より:

    自分の故郷が認知症支援の先進的な取組み地だということを初めて知りました。(学生)

  14. ★★ より:

    色々なサポート体制があることが分かった。(歯科医師)

  15. ★★★ より:

    認知症を持った方のご家族がどのような感情を抱くのか理事長の話で印象に残りました。(介護福祉士)

コメントは停止中です。