第4回研修を終えて

アンケート集結

総参加人数  :69名
アンケート回収(提出数/参加者数) :(25人/69人)  回収率:36.2%

1.年齢
① 10歳代: 0名  ② 20歳代: 2名  ③ 30歳代: 3名  ④ 40歳代: 8名  ⑤ 50歳代: 7名  ⑥ 60歳代: 3名  ⑦ 70歳代以上:2名

2.性別
① 男性: 6名  ②女性:18名

3.職種(主なもの一つ)
①医師: 1名  ②歯科医師: 3名  ③薬剤師: 0名  ④看護師: 4名  ⑤介護支援専門員: 4名  ⑥管理栄養士: 2名  ⑦保健師: 1名  ⑧言語聴覚士: 0名  ⑨歯科衛生士: 0名  ⑩相談支援員: 0名 ⑪社会福祉士: 0名  ⑫事務職: 0名  ⑬介護福祉士: 0名  ⑭訪問介護士: 0名  ⑮作業療法士: 0名  ⑯理学療法士: 1名  ⑰行政関係: 0名  ⑱その他: 5名

4.所属
①病院・診療所: 2名   ②歯科医院: 0名   ③薬局: 0名  ④地域包括支援センター: 1名   ⑤居宅介護支援事業所: 4名   ⑥訪問介護事業所: 0名  ⑦介護老人福祉施設: 2名  ⑧介護老人保険施設: 1名    ⑨グループホーム: 1名   ⑩老人ホーム: 0名   ⑪訪問看護ステーション: 0名   ⑫デイサービス: 2名   ⑬行政: 0名  ⑭ その他: 12名

5.本日の研修会についてお尋ねします。
(研修の目的(主旨)や、内容が満足できましたか?)
①十分満足: 7名(28.0%) ②満足できた: 14名(56.0%)  ③まあまあ満足できた: 4名(16.0%) ④あまり満足できない: 0名(0.0%) ⑤全く満足できない: 0名(0.0%)

(何か気になったところ(開催時間、場所、内容など))
(何か印象に残ったところ)
(今後企画して欲しいテーマや内容)

※自由に記載いただいた内容については、実施の研修会でご意見・ご感想として一部掲載させていただいております。

アンケートを受けて

「第4回研修会の目的(主旨)や内容」については、これまで開催した研修会同様に研修会参加者には概ね満足されたようです。しかしながら、「何か気になったところ」の項で、“内容”については2025年問題を間近に控えるなかで社会保障制度に陰りがみえる現状を踏まえて、「行政がもっとディレクティブルに動いてください。今日の話は小手先だけの事で得る物はなかったと思います。」という意見がでています。“川上から川下へ”といわれていますが、このままでは川下で食い止められずに大海に押し流されていくかもしれません。

また、「何か印象が残ったところ」については、●人口ピラミッド問題が10年以上前よりいわれていた事ですが、行政の考え方がまだそんな処なのか?と残念でした。地域との交流が大事。●色々変化しているということが実感できた、でも、もどかしさも感じました。また、●多職種、一般の方などの意見が聞けて良い研修だと思います。●いろいろな職種の方と苦労話を聞けて良かった。等の意見も記載されていました。「多専門職種と介護家族等との意見交換」については北九州在宅医療・介護塾研修会開催目的の一つになっており、そのため研修会開催の意義について理解して頂いた研修会となったようです。

そして、「今後企画して欲しいテーマや内容」については、保健師からは、●認知症施策、認知症地域支援推進員や集中支援チーム、協議会などについて、介護福祉士からは●独居者に対する支援他、多くのテーマや内容について提案されており、今後の研修会にはこれらの提案内容を組み込ませて戴く事にします。

(文責 塾長 久保哲郎)