フォーマルサービスとインフォーマルサービス

●フォーマルサービスのメリット
 ・連続して安定的なサービスを受けることができる。
 ・公的な援助が得られるため、利用料金が安価なことが多い。
 ・各分野での専門性が高い。
 ・トラブルや事故が起こった時に責任の所在が明確である。

●フォーマルサービスのデメリット
 ・話し相手や入院先でのサポートなど、出来ない場合がある。
 ・サービスを利用するのに様々な手続きが必要となる。
 ・サービスが画一的になりがちで柔軟な対応がしづらい。

●インフォーマルサービスのメリット
 ・サービス内容に縛りがなく、幅広いサポートを受けられる。
 ・緊急時に即座に駆けつけることができるなど、柔軟な対応が可能といえる。
 ・本人だけでなく、家族もサービスを受けることができる。

●インフォーマルサービスのデメリット
 ・制度が確立されていないため、連続して安定的なサービスを受けにくい。
 ・専門性が低いことが多い。
 ・トラブルや事故が起こった時に責任を問いにくい。
 ・サービスによってはフォーマルサービスと比べ高価なことが多い。

フォーマルサービス、インフォーマルサービスというと、なんだか難しく感じますが、企業や行政による安定したサービスか、ボランティアや家族・地域の人によるサービスかということになります。

これらのサービスは、どちらが良いとか、片方のサービスを受けた場合には、もう片方のサービスは受けられないということはなく、どちらにもメリット、デメリットがありますので、CMと相談しながらバランスよく使っていくことでよいのではないでしょうか。